プレゼンテーション1.jpg

不思議なドアと魔法使いの千切れた足

ここは、魔法使いが住んでいる魔法の森。

昔は魔法使いが大勢おり、森も栄えていた。

しかし、魔女狩りが始まり、人間から虐げられてから、めっきり魔法使いの数が減ってしまった。

今は、身を隠すように、ひっそりと、魔法使いが4人、つつましく暮らしている。

彼らは、決して裕福とは言えないが、暮らしに満足していた。

しかし、そのささやかな幸せを裂くような惨劇が、起こってしまう。

ある魔法使いの少女が無残にも殺されてしまったのだ。

現場には、千切れた足だけが、残されていた。