ロースケの絵.png
 

ロースケのキャラクターシート

あなたが「ロースケ」のキャラクターを担当する場合は、下にスクロールして内容を確認してください。



































◆あなたについて

僕の名前は「ロースケ」。ヒロタとは小学校1年からの幼馴染なんだ。

僕の好きなものは、「ヒーロー」。他の誰よりもこの好きな気持ちは負けない、もちろんヒロタにも。

なんとかして、ヒーローに会う手段はないものか、そんなことばかり考えているよ。

嫌いなものは「怪人」たち。あいつらは、絶対に、絶対に許さない。


ヒロタとは、小学校1年からの付き合いだけど、お互いにヒーローが好きで、それからさらに仲良くなったんだよ。

そういえば、ヒロタは2年前に学校を休んだ時期があった。あの時は寂しかったなあ。



◆あなたの秘密情報

あなたは、ヒーローが他のどの存在よりも好きである。

ヒーローに会うためには、危険を顧みずどんな行動もしてしまう。

あなたのその狂気に近いほどまでのヒーローへの好意は、あなたの幼少期の体験にある。

あなたは、ヒロタと会う以前、幼少時代に、両親を怪人によって殺されている。

襲われた理由も、場所も、今となっては分からないし覚えていない。

ただ、覚えているのは、あなたを逃がすために勇敢に怪人に立ち向かった父親の後ろ姿と、母親の「早く逃げなさい!決して振り返らないのよ!」と言う声である。


その後、あなたは、母方の祖父母に引き取られたが、両親を失ったショックで立ち直れないでいた。

しかし、ある時、テレビを見ていると、怪人を倒すヒーローの特集をしていた。

それを見たあなたは、一瞬で心を奪われた。

「ヒーローが、ヒーローが、お父さんとお母さんの仇を討ってくれるんだ!」

その悲痛な願いを心に込めながら。


また、あなたは、最近、怪人が出たというウワサやニュースを耳にすると必ずその現場に急いで向かっている。結局、近くまで来ても、危険なため、警察が周囲を包囲しており、ヒーローと怪人の戦う姿を見ることができていないが、その周囲の様子を日記に綴っている。

加えて、あなたは、「ヒーローホイッスル」という道具を持っている。ヒーローホイッスルは、怪人に襲われそうになった時にホイッスルを吹くとヒーローが来てくれるというあなたにとって夢のような道具である。しかし、ネットで購入したので、その効果のほどは謎である。



◆行動のヒント

ヒーローは誰なのか?怪人とは誰なのか?

ヒーローや怪人は全く知らない人物なのか、それとも意外と身近にいるのか、積極的に情報を集め、推理しよう。



◆ミッションと得点

推理発表パートで、ヒーローの正体を突き止める。(物語上ではヒーローの正体が分からない場合は、「ヒーローの正体は分からない」と発表してください。) 3点

推理発表パートで、怪人の正体を突き止める。(物語上では怪人の正体が分からない場合は、「怪人の正体は分からない」と発表してください。) 3点

推理発表パートで、2年前にヒロタがなぜ学校を休んだのかを理由を突き止める。 2点

推理発表パートで、ヒーローと怪人の正体についての推理を2人が同じ推理を発表する。 2点



ミッションの成功可否については、進行役の裁量によって決定するので、積極的に発言しましょう。(進行役のミッション成功可否については、進行役以外のプレイヤーの多数決で決めてください。)



◆あなたの最近の日記

1月1日

どうやら、ヒーローと怪人が、警察が作った大きなバリケードの奥で戦っているようだ。

僕の身長じゃ見ることができなさそうだ。残念。


1月2日

ヒロタと遊んだ。ヒーローと怪人についてたくさん語り合った。


1月15日

今日は、深夜にヒーローと怪人が戦っている。近くまで来たがやはりバリケードのせいで姿が見れない。深夜に家を抜け出すのは大変なのだから、少しは考えてほしいな。


1月17日

街中でタイク先生に会った。とても落ち込んでいる様子だ。


1月30日

今日は、戦闘が少し激しいようだ。バリケードの隙間から煙や砂ぼこりが舞ってくるし、大きな音もすごい。


2月1日

今日は、午前4時から戦いが始まっている。朝早くから警察もバリケードをつくって大変そうだ。僕もちょっと眠たい。