エンディングを確認したい場合は、下にスクロールしてください。




































ヒロタ「お父さんが、怪人だったんだね・・・・・」


ヒロタの父「・・・・・・」


彼は何も答えない。


その沈黙は、ある残酷な答えを示していた。


ヒロタ「なんで、街の人を、皆を殺したんだよ?」


ヒロタの父「お、お前のためだ!」


ヒロタの父は、怒鳴り声とも似た声を出す。


ヒロタの父「お前が生きているのは、俺のおかげなんだぞ!お前のために、全部やってきたことだ!俺も、お前も共犯なんだぞ!」


ヒロタ「・・・・・・・」


ロースケ「・・う、嘘だ。」


ヒロタの父「なんだと?」


ロースケ「そ、そんなの、嘘だ。ヒロタのためなんかじゃない。あなたは、自分のためにしたんだ。ヒロタは、関係ない。」


ヒロタ「ロースケ、、、」


ヒロタの父「お、おまえに、何がわかる!」


ヒロタの父は、みるみるうちに禍々しい怪人の姿に変身する。


ヒロタ「ロースケ!使え!あれを!」


ロースケ「・・・本当に、いいの?」


ヒロタは、ゆっくりと、頷く。


ロースケは、ヒーローホイッスルを力強く吹く。


すると、どこからともなく、ヒーローが姿を現す。


そこからは、あっという間だった。


ヒーローの突然の登場にあっけにとられたヒロタの父、いや、怪人は、ヒーローの猛攻により、倒された。


ヒロタとロースケは、それを少し離れたところから、黙って見ていた。


―――――――――――――そして、街に平和は訪れた。


学校は再開したが、ヒロタは、日を追うごとに体調が悪くなり、やがて学校へ来なくなった。


「ヒロタ君は転校しました」


ヒロタが来なくなってしばらくたち、そう一言、タイク先生に言われた。


そして、先生から、一通の手紙をもらった。


差出人のところには、「ヒロタ」と書かれている。


中には、短い文で、こう書かれていた。


「ロースケ、一緒に怪人の正体を暴いてくれてありがとうな。俺のことは気にするな。「こうなる」のが、少し遅れただけだから。・・・・・もし、もしさ、来世っていうのが、あるとしたら、また、一緒に、ヒーローのこと、いっぱい話そうぜ!じゃあな、ロースケ!元気でな!」


ロースケは、少し笑いながら、泣きながら、つぶやく。


「相変わらず汚い字・・・・、グスッ」


手紙は、少し濡れた跡があった。


その濡れた理由と同じ「モノ」がさらに文字を滲ませ、インクがそっと広がる。


彼らの悲しみが淡く、共鳴したように。