ああああああああああああああああ.jpg
 

​シナリオ名「この物語はフィクションです。実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。」

◆◆◆ はじめに ◆◆◆

このシナリオは、GMなしで楽しむことができます。
ゲームを円滑に進めるために、進行役(経験者推奨)を決定し、その方が中心となって進めるようお願いいたします。

◆◆◆ ストーリー ◆◆◆

最近、マーダーストーリー、通称、「マダスト」というゲームが流行している。


まるで、推理小説の登場人物となり、犯人役となったキャラクターを解き明かす、という斬新な設定が人気を呼んでいた。


自称「マダスト好き」の君たち4人は、「マダチャンネル」というネット掲示板で仲良くなった。


4人は、いつかみんなで「今までにない新しいマダスト」を作ろうと、連絡を取り合っていた。


4人は、話していくうちに、同じ町(万田町【まんだちょう】)に住んでいることが分かり、それも相まってとても仲良くなった。


しかし、そのうちの一人、「マダスト男」が約半年前に、突然音信不通になった。


3人は、マダスト男と連絡がつながらないことを少し、不審に感じたが、ネットの世界では、突然連絡をとれなくなるのは珍しいことではない、特に心配はしていなかった。


しかし、2週間前に、マダスト男から3人へラインのメッセージで連絡が入る。


「連絡できなくてごめん。新しいマダストの制作に時間がかかってたんだ・・・・・あと、皆で、「今までにない新しいマダスト」について、直接会って話したいから、「マダストオフ会」を皆でやりたい。」


その突然の誘いに困惑する者、不審に感じる者、喜ぶ者、様々な感情が交錯する中、3人はラインを用いて通話をすることにした。

◆◆◆ 事件の概要 ◆◆◆

コロン「マダスト男さん、帰ってきたね!」


キルキル「嬉しそうだね、コロン。」


コロン「あれ、皆は嬉しくないの?」


デドスケ「いや、突然いなくなって、突然集まろう、って虫が良すぎるというか・・・・」


コロン「でも、マダスト男さん、言ってたじゃん!新しいマダスト「怪人隠し」?だっけ、あれの制作で忙しくて連絡できなかったって!」


キルキル「・・・・・・・・」


3人は、マダスト男の誘いに様々な感情を抱いているようだった。


コロン「でもでも、4人で「今までにない、新しいマダスト」を作って、マダストをもっともっと流行らせるんじゃないの?ほら、テレビでも、最近、マダストについて取り上げられることも多くなってるよ!ほら!今夜も!見てみて!」


2人は、コロンに言われるがままにそれぞれ、テレビのチャンネルを変える。


そのチャンネルは、4人が住んでいる万田町が経営しているローカルなケーブルテレビだった。


その番組では、マダストの特集が組まれていた。


その瞬間、番組が暗転、中断し、代わりにニュースキャスターが慌てた声でニュースを読み上げる。


ここで、番組の途中ですが臨時ニュースです。


ニュースキャスター「今から2週間前に、万田町1丁目で男性の遺体が発見されました。遺体は、死後半年がたっており、腐食が激しい状態です。身元は、その家に住む、「萬田須斗男【まんだすとお】」さん30歳とみられています。警察は、事件と事故の両面で捜査を進めています。」

◆◆◆ 登場人物 ◆◆◆

💀萬田須斗男

30歳の男性。

ニュースで流れてきた。

2週間前に死体が発見されており、死後約半年たっているらしい。


◆マダスト男

今から約半年前の連絡を最後に、連絡がとれなくなった。

しかし、2週間前に、突然連絡をしてきた。

極度の食べ物のアレルギーを持っているらしい。

人嫌いだが、キルキル、デドスケ、コロンの3人には絶大な信頼を寄せている。


◆キルキル

真面目な性格だが、抜けている一面もある。

彼(彼女)の作るシナリオは、トリックやギミックが魅力的である。


◆デドスケ

優しい性格だが、怒ると怖い。

彼(彼女)の作るシナリオは、リアリティを追求しており、人気のマダスト作家である。


◆コロン

明るい性格で、社交的である。

4人の中ではムードメーカー的存在である。

◆◆◆ 導入 ◆◆◆

あなたたちの目的は、「事件の真相」を探りつつ、それぞれのミッションを達成することにあります。
なお、「事件の真相」を知っているプレイヤーについては、周囲にバレないように行動してください。

◆◆◆ ゲームの流れ ◆◆◆

このシナリオは以下の流れで進行します。


キャラクターシート黙読(10分)


チャプター1:全体討論(10分)


チャプター2:最終全体討論(15分)


推理発表パート(6分:1人あたり約2分目安)


チャプター1、チャプター2の冒頭で公開される情報があります。それらの情報は全て真実です。


チャプター2終了後、推理・行動発表パートに移ります。各プレイヤーはチャプターや討論で得た情報を基に推理・行動を発表してください。発表順は、話し合いによって決定してください。また、行動については、以下の2つの行動のうち1つを、各プレイヤーがそれぞれ決定してください。

  • オフ会に参加する

  • オフ会に参加しない

全員の推理・行動発表が終わり次第、「エンディング」のページを読んでください。その後、「事件の真相と得点計算」について確認してください。

◆◆◆ キャラクターシート ◆◆◆

プレイヤーは自身のキャラクターシートをよく読み、全員が理解しおわったのちに事件の真相を明らかにするための討論を行ってもらいます。

また、自身のキャラクターシート以外の部分は、絶対に読まないようにお願いします。


​キャラクター選択ページへ行く

◆◆◆ ルール及び禁止事項 ◆◆◆

どのプレイヤーも自由に嘘をつくことができます。ただし、嘘ばかりついていると、担当しているキャラクターのミッションを達成しにくくなるかもしれません。
ミッション達成のために必要だとプレイヤーが判断した場合、キャラクターシートの内容の一部を話してしまうことは可能です。ただし、キャラクターシートの内容をそのまま読み上げてはいけません。この場合、話す内容によってはミッションの達成が著しく困難になることも考えられます。よく考えて発言しましょう。

◆◆◆ チャプター ◆◆◆

◆◆◆ エンディング ◆◆◆

◆◆◆ 事件の真相と得点計算 ◆◆◆